スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する

検索エンジンの日本語解析能力

2007.07.24 Tue

…は、一体どこまで進化しているのだろうか。


個人的な意見だが、ほとんど発達していないのではないか、と思う。


仮に日本語解析に関連するファクターがあったとしても、せいぜいキーワード出現比率やタグの重み付け、日本語URLなどのテクニックで、どうにでもなるレベルだろう。


ところでYSTの日本語解析にはYahoo! JAPAN 研究所(ラボ)の存在があり
公式ブログでは検索順位が変動する度に、日本語解析の成果に言及している。


しかし、今のところ日本語解析が正式に稼動し順位決定がされているかと言えば
これが非常に疑わしい。


例えば、このSEO対策ブログタイトルにしても


「SEO対策のブログ」
「ブログのSEO対策」
「ブログでSEO対策」



と少し文字が入れ替わるだけで、大きく意味が異なる。


もともと海外製のロボットに、このニュアンスを汲み取ることが出来るだろうか?

日本語版(化)と日本語解析は全く別物だ。

まだ当分はキーワードの出現率やタイトル、アンカーにキーワードを含めた
外部リンクが効力を持ち続けるだろう。
スポンサーサイト
ブックマークに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。